クレジットカード開設会社の比較サイト【クレカステーション】

クレジットカードと言えば、分割払いとリボルビング払いのイメージが強いという方も多いのではないでしょうか?分割払いとリボルビング払いのためにクレジットカードを持っているという方もいるかもしれません。ただ、どちらにも注意が必要です。ここでは、クレジットカードにおける分割払いとリボルビング払いについて詳しく触れていきたいと思います。

大きな買い物をするときに便利な分割払い

クレジットカードの支払いにも1回払いや2回払いといったものもあるのですが、分割払いというのはたいていの場合、3回以上の分割での支払いのことを指します。購入金額を3回以上で分割し、月々の負担を軽くしていきます。3回以上でどれくらいの支払い回数が設定されているのかは、クレジットカード会社によって違ってきます。ただ、3回から36回くらいの範囲で設定しているところが多いようです。
分割払いは大きな買い物をするときに便利で、家電の購入などの際に利用する方も多いのではないでしょうか?しかしながら、分割払いは特別なキャンペーンなどがない限りは手数料がかかります。クレジットカード会社によっては、一度一括払いを選択したものでも後から分割払いに変更するといったことも可能なようです。

テレビコマーシャルでもお馴染みのリボルビング払い

リボルビング払いには「リボ払い」とも呼ばれているもので、分割払いの一部という捉え方もできます。リボルビング払いでは、支払い回数を決めるのではなく、毎月の支払金額を決めることで毎月の負担を減らしていきます。月々の支払い金額が決まっているので楽にはなるのですが、その分、かなりの手数料を取られることになります。
分割払いのようにお店で伝えるのではなく、クレジットカード会社に申告をしてリボルビング払いを利用するという形がほとんどです。クレジットカードの種類によってはリボルビング払いができないこともありますし、リボルビング払いでの支払い金額が決められていることもあります。基本的にはあまり使わないほうがいいのですが、どうしても使わざるを得ないときには事前にしっかりと調べておきましょう。

                   

クレジットカード会社を徹底比較