クレジットカード開設会社の比較サイト【クレカステーション】

クレジットカードの申し込み後に審査があることについては、ご存知の方も多いでしょう。一方で、その際にクレジットヒストリーがチェックされることについてはあまり知らないという方も多いかもしれません。ここでは、クレジットカードの申し込み後の審査でチェックされるクレジットヒストリーについてお話していきたいと思います。

そもそもクレジットヒストリーとは?

そもそもクレジットヒストリーというのは、一体どのようなものなのでしょうか?クレジットヒストリーというのは実はその名前の通りのもので、クレジットカードの履歴のことを指します。「クレヒス」と呼ばれることもあり、こちらの略称のほうが馴染みがあるかもしれません。
仮に収入がないという方であっても、クレジットヒストリーが優れていると「資産がある」と判断されることもあります。何をもってクレジットヒストリーが優れていると判断されるのかというと、クレジットカードを利用しても遅れることなく毎回必ず返済しているかどうかという部分です。クレジットカードの審査の際には信用情報が大事だと一般的にもよく言われていますが、優れたクレジットヒストリーは信用情報をより良いものにしてくれます。

クレジットカードの利用でクレジットヒストリーが蓄積される

クレジットヒストリーというのは、クレジットヒストリーを利用することで蓄積されていきます。世の中には「クレジットカード=借金」と考え、現金で支払えるものはとことん現金で支払うという方も少なくありません。そういった方の場合には、クレジットカードの利用がないため、そもそもクレジットヒストリーが蓄積されません。
「別にないならないでいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、ある程度の年齢になってクレジットカードを作ろうとしたときにクレジットヒストリーがないとクレジットカード会社のほうから怪しまれてしまうのです。現実的にも30代以上の方で過去に一度もクレジットカードを利用したことがないというケースは珍しいですし、過去にお金絡みで何かあったのではないかと疑われてしまうのです。
クレジットカードは早めに1枚作って、無理のない範囲で使うようにしておいたほうがいいでしょう。

                   

クレジットカード会社を徹底比較