クレジットカード開設会社の比較サイト【クレカステーション】

キャッシュレス化が進んだこともあり、クレジットカードを使い機会が多くなったという方も多いのではないでしょうか?クレジットカードがより身近な存在になったといえるのですが、その一方で注意しなければいけないことも多くなりました。その中でも、今回はフィッシングサイトやセキュリティコードの入力ミスについて触れていきたいと思います。

フィッシングサイトからの情報の流出

フィッシングサイトで情報を抜かれてしまったという話はよく見聞きするようになりました。時には有名なショップの名を騙ったり、有名な運送会社からの連絡を装ったりとかなり手の込んだやり口になっています。一見すると本当にショップや運送会社からのメールのように思えるから厄介です。
偽装されたURLをクリックすると偽のサイトが表示され、そこで個人情報やクレジットカード情報、セキュリティコードを入力するとそれがそのまま盗み出されてしまうというのがフィッシング詐欺です。フィッシングサイトの中には明らかにふざけているようにしか思えないものもあれば、巧妙に信用させる仕上がりになっているものもあります。
フィッシング詐欺の手口はどんどん巧妙化してきているので、どちらにしても身に覚えのないメールや不審な印象を受けるサイトには情報を入力しないことです。

セキュリティコードの入力ミス

クレジットカードに記載されているセキュリティコードは、基本的にそのクレジットカードを持っている本人しか知りえない情報です。それでいて、クレジットカードを持っている本人であれば簡単に確認することができます。ただ、このセキュリティコードの入力ミスにも気を付けていかなければいけません。
というのも、セキュリティコードの入力を複数回間違えてしまうとクレジットカードを持っていない人間が入力している可能性があると判断されてしまうのです。その結果、クレジットカードの利用が停止されることもあります。
セキュリティコードの入力ミスでロックがかかる条件というのは、それぞれのクレジットカードの発行会社によって違ってきます。万が一入力ミスで利用停止になってしまった場合には、すぐにクレジットカードの発行会社に連絡を入れましょう。

                   

クレジットカード会社を徹底比較