クレジットカード開設会社の比較サイト【クレカステーション】

クレジットカードへの申し込みをした後には審査があります。その審査では、スコアリングというものが使われます。なんとなく見聞きしたことがあるという方も多いでしょうが、ここではそのスコアリングについて詳しく触れていきたいと思います。

そもそもスコアリングとは?

クレジットカードへの申し込み後の審査ではスコアリングという手法が利用されているのですが、そもそもスコアリングとはどのようなものなのでしょうか?簡単に言ってしまうと、スコアリングというのは申し込み内容からコンピューターで申込者の点数をつけていくことです。
あくまでも一例ではありますが、年齢が若ければ点数が低くなり、ある程度の年齢になっていると点数が高くなるといった具合です。年齢以外にも年収など申し込みの際に記載した情報から算出されていくことになります。年齢や年収、勤務年数、既婚か未婚か、居住形態、他社からの借入件数やその額など収支に関係するであろうさまざまな情報が数値化されていきます。
スコアリングはクレジットカードへの申し込み後の審査の最初のほうでおこなわれるのですが、その基準はクレジットカード会社によって違ってきます。その基準が知られてしまうと、正確なスコアリングができなくなってしまいますのでスコアリングの基準は企業の機密情報という扱いになっています。

クレジットカード会社によってスコアリングは違う

スコアリングはすべてのクレジットカード会社において統一されていると思っている方も多いのですが、それぞれのクレジットカード会社で重視するものというのは違ってきます。そのため、仮にチェックする項目が同じであったとしてもその項目におけるスコアリングの比重は変わってくるのです。
同じ内容でもAというクレジットカード会社の審査には通過したのに、Bというクレジットカード会社では審査に落ちてしまったといったことが起こるのはスコアリングにおける違いとも言えるのです。スコアリングの数値から信用情報の確認をするかどうかを判断していきますので、スコアリングで引っかかってしまうとそこで終わりということになってしまいます。

                   

クレジットカード会社を徹底比較