クレジットカード開設会社の比較サイト【クレカステーション】

クレジットカードのセキュリティコードというのは、クレジットカードの不正利用などを防ぐために役立っています。ただ、セキュリティコードがあるからといって油断していいわけではありません。ここでは、クレジットカードのセキュリティコードに関して特に注意しておきたいことについて触れていきたいと思います。

クレジットカードそのものをなくしてしまう

セキュリティコードというのはクレジットカードの中に入っている情報ではなく、クレジットカードの表面に記載されている情報です。そのため、クレジットカードそのものをなくてしまうとセキュリティコードも機能しなくなってしまいます。不注意で紛失してしまうのはもちろん、盗難などでもアウトです。
クレジットカードの紛失や盗難の際には、すぐにクレジットカードの発行会社のほうに連絡を入れるようにしてください。クレジットカードの発行会社への連絡は早ければ早いほどいいと言っても過言ではありません。おそらくほとんどのクレジットカードの発行会社が紛失や盗難の際の専用ダイヤルを設置しているかと思いますので、万が一のときにどこに電話をすればいいのか確認しておきましょう。

セキュリティコードの漏洩

実店舗などではあまり使うことのないセキュリティコードなのですが、インターネット上でのショッピングの際には求められることが多くなります。つまり、クレジットカード番号が把握されており、なおかつセキュリティコードまで知られてしまうと誰でもそのクレジットカードでインターネットショッピングができてしまうのです。クレジットカードそのものが本人の手元にあったとしても、不正利用されてしまったり、とんでもない犯罪に巻き込まれてしまったりする危険性があるのです。
大前提となってくるのは、やはりセキュリティコードを誰にも知られないということです。いつどのような形で漏洩してしまうかわからないからこそ、仮に家族であっても共有するのは避けたほうがいいでしょう。もしセキュリティコード漏洩の可能性がある場合には、不正利用されていないか利用明細をこまめに確認するようにしましょう。

                   

クレジットカード会社を徹底比較