クレジットカード開設会社の比較サイト【クレカステーション】

クレジットカードにはそれぞれのクレジットカードを個別に識別するために、14桁から16桁のクレジットカード番号が割り振られています。それとは別に、クレジットカードにはセキュリティコードというものが用意されています。今回は、このセキュリティコードについてお話していきたいと思います。

なぜセキュリティコードが必要なのか

セキュリティコードというのは、主にクレジットカードの裏面に記載されている3桁もしくは4桁の番号のことを指しています。だいたい3桁のところが多いのですが、実店舗でクレジットカードを使うときにはセキュリティコードは使わないのでほとんど意識しないかと思います。ただ、インターネットショッピングの際にクレジットカードを使うとなるとこのセキュリティコードの入力が求められるケースが多くあります。
なぜセキュリティコードが必要なのかというと、今クレジットカードを利用しようとしている人の手元にクレジットカードがあることを証明するためです。実際に、手元にクレジットカードがない状態で決済ができてしまうと大問題です。特にインターネットショッピングにおいてセキュリティコードの入力が求められることが多いのは、本人が本人の手元にある本人のクレジットカードを使っていることを証明するためなのです。

セキュリティコードによってクレジットカードの安全が守られている

「セキュリティ」という言葉がついていることからもおわかりになるでしょうが、セキュリティコードというのはクレジットカードの安全を守るためのものです。例えば、よく知られているのがスキミングというクレジットカードの磁気データを専門の機械で読み取る手口です。これによってクレジットカードが不正利用されてしまうのですが、スキミングではセキュリティコードはコピーされません。そのため、セキュリティコードがスキミングによる不正利用を防ぐことにもつながってくるのです。
また、実際に使われているクレジットカードの番号と有効期限を特殊なプログラムで割り出して利用可能な番号を作ってしまうクレジットマスターと呼ばれる手口もあるのですが、ここでもセキュリティコードが防波堤になってくれます。クレジットカードはセキュリティコードによって守られている部分も多いのです。

                   

クレジットカード会社を徹底比較