クレジットカード開設会社の比較サイト【クレカステーション】

クレジットカードを持ちたいものの、クレジットカードの審査が気になっているという方も多いのではないでしょうか?確かにクレジットカードには審査があり、その審査をクリアしないとクレジットカードを持つことはできません。審査で見られるポイントというのは実は限られており、そのひとつが仕事や収入に関する情報です。ここでは、クレジットカードの審査で仕事や収入について具体的にどういったところが見られるのかについて触れていきたいと思います。

職業や雇用形態について

最近では無職でも審査に通るクレジットカードは出てきているようなのですが、基本的に申込書の職業欄に「無職」と記載するとそれだけでハードルが高くなります。無職でなくとも、フリーターの方や非正規雇用の方など収入が不安定になりがちな方も正規雇用の方と比べると審査のハードルは上がってきます。
基本的には借りたお金を返せるのかという基準で見ていくことになりますので、まったく収入がなかったり収入面で不安定であったりすれば審査が厳しくなるのも当然です。もちろん、だからといって職業欄で嘘をつくのは絶対にNGです。

勤続年数について

仕事をしている方の場合、勤続年数もポイントになってきます。それなりの収入があったとしても、勤続年数が短かったり、できたばかりの会社に勤めていたりするとハードルは高くなります。もちろん、勤続年数がすべてではないのですが、クレジットカードの審査においてはひとつの目安になります。
今どれだけの収入があるのかという部分も確かに大切ではあるのですが、転職を繰り返すようなタイプよりは同じところで長く働き続けるようなタイプのほうが安心と見なされます。「安定した収入」を見極めるポイントになってくるわけです。

収入と支出について

クレジットカードの審査では、収入と支出についても見られます。例えば、収入よりも支出の多いような方にはお金は貸せないでしょう。年収が多くとも支出がそれ以上に多いとなってくると、クレジットカードの審査も厳しくなります。不安な方は収入と支出のバランスを見直すようにしましょう。

                   

クレジットカード会社を徹底比較