クレジットカード開設会社の比較サイト【クレカステーション】

クレジットカードの申し込みをした後には、審査があります。その審査で重要になってくるのが信用情報です。ただ、信用情報と言われてもいまいちピンと来ない方も多いでしょう。ここでは、信用情報を取り扱っている期間や具体的な登録内容などについて触れていきたいと思います。

信用情報を取り扱っている機関とは?

信用情報を取り扱っている機関をそのまま「信用情報機関」と呼ぶのですが、この信用情報機関は主に3つあります。ひとつは「全国銀行個人信用情報センター」、もうひとつは「シー・アイ・シー」、そして最後のひとつが「日本信用情報機構」です。
もともとは全国銀行個人信用情報センターが銀行系、シー・アイ・シーがクレジットカード系、日本信用情報機構は消費者金融系といったすみわけがあったのですが、最近では多重債務者や総量規制などの問題もあってそれぞれが持つ情報を共有するようになりました。

信用情報としての登録内容は?

信用情報としての登録情報は、大きくわけて「本人情報」「契約情報」「申込情報」の3つになります。氏名をはじめとした住所や生年月日、電話番号、勤務先などの本人情報、契約年月日をはじめとした貸付金額や貸付残高、延滞情報などの契約情報、一部の本人情報と照会日時や申込区分、商品名などの申込情報といったものが登録されることになります。もちろん、ここで挙げたものは登録されるごく一部の情報です。

信用情報の登録期間は?

信用情報が登録されるとして、どれくらいの期間登録されるのかが気になるという方も多いでしょう。信用情報は一度登録されたからといって一生登録され続けるわけではありません。削除されるまでの期間は信用情報機関によって違ってくるのですが、だいたい6か月から5年の間といった感じです。
本人情報、契約情報、申込情報の3つがあるという話をしましたが、この中でも特に注意すべきが契約情報です。というのも、契約情報には延滞などの過去のお金に関するトラブルについての情報が登録されていますので、ブラックリスト入りする可能性もあるのです。ブラックリスト入りになると、クレジットカードを解約しても5年間はその情報が保存されることになるのです。

                   

クレジットカード会社を徹底比較