クレジットカード開設会社の比較サイト【クレカステーション】

クレジットカードの審査では職業や収入面も重視されますが、それと同じくらいに信用についての情報もチェックされることになります。実際に、クレジットカードというのは信用があってこそ持てるものでもあります。ただ、信用情報と一口に言ってもいろいろなものがあります。ここでは、クレジットカードの審査で信用情報として具体的にどのようなものがチェックされるのかについて触れていきたいと思います。

延滞情報について

まずは、延滞情報についてです。信用情報の中でも特に重要視される部分と言っても過言ではありません。クレジットカード会社のほとんどが過去6か月間に延滞をしていないかを確認すると言われています。過去に返済できなかった延滞情報が多いとぐっとハードルが上がってきます。
ただ、これは改めて考えてみると当たり前のことです。「貸して」と言われたから貸したのに約束の期日を過ぎても返してくれないという人物がいたとしたら、何を言われても二度と貸したくないという方がほとんどでしょう。クレジットカードの審査でチェックされる延滞情報というのは、そういうことなのです。

債務整理について

これはご存知の方も多いでしょうが、自己破産などのいわゆる債務整理をおこなうと5年から10年はクレジットカードが作れません。その債務整理の情報は5年から10年もの間、信用情報として登録され続けることになりますので、基本的にはどこのクレジットカードの審査でも門前払いされるでしょう。

代位弁済について

代位弁済というのは、過去の借金などを保証会社など本人以外の誰かが代わりに支払うというものです。「肩代わりでも返済したのならいいのでは?」と思う方も多いでしょうが、大切なのは本人に返済能力があるかどうかです。代位弁済の経験があるとどうしてもハードルは上がってきます。

過去の審査結果について

過去にクレジットカードの申し込みをして、審査で落ちてしまったという経験のある方も要注意です。というのも、過去に審査に落ちてしまった情報も信用情報として登録されるのです。だいたい6か月間登録され続けるといわれていますので、短期間に複数のクレジットカードの申し込みをするのはやめておきましょう。

                   

クレジットカード会社を徹底比較